飛び入学
Early Admission

教員メッセージ ― 第一線の研究者が個別指導 ―

先進科学プログラム生には、1年次から専任の指導教員がつきます。
それぞれの研究分野の第一線で活躍する研究者たちが専門分野についての教育指導を行うだけでなく、研究者になるための学習方法や履修方法についてもアドバイスします。

つねに、より高きものをめざして

中山 俊憲 千葉大学 学長
中山 俊憲 千葉大学 学長

千葉大学は約150年前の千葉師範学校や共立病院を前身として、1949年に新制国立大学として設立され、現在では10 学部、17大学院を有し、学部の枠を越えた幅広い教養と高度の専門性を修得することで、様々な課題を解決できるリーダーを育成すべく日々進化を続けています。特に研究面では、世界トップレベルの研究力と研究人材の育成を進めています。そういった学習・研究環境に、いち早く参加できるのが千葉大学の飛び入学制度「先進科学プログラム」です。飛び入学生には入学時から特別カリキュラムが用意され、教員との個別少人数セミナー、国内外からのゲスト講師によるセミナーへの参加、公費による海外研修など、さまざまな特典が与えられます。研究活動は、未知の謎を解明するロマンや、世の中の役に立つ新しいものを生み出す社会的貢献など、すばらしい知的活動です。科学の世界で将来活躍したいというあなたの夢の実現にむけて、ぜひ、このチャンスを逃すことなく、飛び入学に挑戦してください。

叩けよさらば開かれん!
一足早く大学での学びに飛び込んでみませんか?

眞鍋 佳嗣 先進科学センター長
眞鍋 佳嗣 先進科学センター長

皆さんの将来の夢は何でしょうか? もし、科学者や研究者になりたいと考えているのであれば、ぜひ、千葉大学の先進科学プログラムも検討してください。千葉大学先進科学プログラムでは、皆さんの科学への好奇心に応えるために、物理、化学、生物、工学、植物生命科学、人間科学と幅広い分野をカバーし、様々な能力を持つ個性的な学生を1年または半年早く受け入れ、理学部、工学部、園芸学部、文学部と協力しながら少人数専門教育を行なっています。一足早い大学での勉学に意欲を持ち、将来国際的に活躍できる科学者・研究者を目指す元気な若い人に、ぜひ挑戦してほしいと思います。


松浦 彰 教授
松浦 彰 教授 先進科学副センター長 分子細胞生物学(理)

生物学は今なお発展中の学問分野で、発見されて間もない現象が大学初年度向けの教科書に書き加えられた例も少なくありません。君も先進科学プログラムで、まだ解かれていない生物学の謎にチャレンジしてみませんか?


花輪 知幸 教授
花輪 知幸 教授 宇宙物理(星形成)(理)

面白いと感じる心が研究の原動力です。面白いと感じていることを大学で勉強しませんか。きっとますます面白くなりますよ。


石井 久夫 教授
石井 久夫 教授 物理化学、有機半導体(工)

先進科学プログラムの魅力は1年早く大学へ入れることですが、それ以上に、1年次のはじめから大学の先生達と「差し」でつき合えることや、海外研修といった普通の大学生活では味わえない貴重な経験ができる点も見逃せません。


越谷 重夫 特任教授
越谷 重夫 特任教授 代数学(理)

研究は、とにかく考えて考えて考え抜くこと、湯水のごとく時間を使うことが大事です。それが可能になるのがこのプログラムです。研究大好きの貴女/貴方、思い切って飛び込んでみませんか?


>中山 隆史 教授
中山 隆史 教授 物性理論物理(理)

“The search for knowledge is always our primary mission《Star Trekより》”。科学は常に驚きと興奮に満ちたフロンティアです。さあ、勇気を持ってこの広い海原に一緒に飛び出しましょう!


音 賢一 教授
音 賢一 教授 物理学(理)

「飛び入学で、好きな研究をとことんやりませんか」と聞いて、やっていけるだろうか? と心配に思うかも知れません。でも、安心してください。先進科学プログラムを卒業して様々な分野で大活躍している先輩がたくさんいます。


横田 紘子 准教授
横田 紘子 准教授 物性物理(実験)(理)

疑問に思ったことをとことん考え、突き詰めることができる時間は非常に貴重です。先進科学プログラムでは1年次から通常の講義以外にこのような時間を設けてあります。興味のある事柄に没頭することができるこの機会を積極的に活用してください。


加納 博文 教授
加納 博文 教授 ナノ細孔体による分子吸着(理)

高校での授業に満足できなくて早く大学で学びたい人のために、千葉大学には先進科学センターがあります。皆さんのような希望に満ちた人たちを受け入れる制度は、当然必要であると思います。先進科学プログラムに入学して、皆さんの早く学びたいという気持ちを思う存分ぶつけてください。


坂根 郁夫 教授
坂根 郁夫 教授 生化学(理)

化学先進クラスの生物化学分野では、生物を分子レベル・化学反応のレベルで解析しており、病気のメカニズムの解明や新規の治療法の開発も目指しています。不思議に満ちた生命化学の研究の世界へいち早く飛び込み、生命の神秘の探求に挑戦してみませんか?


村上 正志 教授
村上 正志 教授 群集生態学(理)

生物については、未解決の課題がまだまだたくさんあります。みなさんの生き物への探究心は、もはや止めが効かないはずです。未知の科学を探究しましょう。


Peter Krüger 教授
Peter Krüger 教授 物性理論(工)

Many new technologies rely on the fabrication and control of materials at the nanometer scale. If you are curious about how atoms and electrons play together to bring about new phenomena in nanomaterials, join the Frontier Science Program and discuss with me in the English seminar.


石谷 善博 教授
石谷 善博 教授 無機半導体工学・光物性(工)

初めてのこと、他人がやらないことを始めるには勇気が要ります。皆さんも色々考えたことでしょう。思考力を養うことにも「イロハ」はあります。表面的専門分野だけにとらわれず、思考力を育ててください。


華岡 光正 教授
華岡 光正 教授 植物分子生物学(園)

ガムシャラに研究に没頭できる人生は魅力と幸せに満ちています。1年でも早くその世界に飛び込みたいと思いませんか? 千葉大学の飛び入学はそのチャンスを提供します。植物や微生物の生命の仕組みやその応用に興味を持つ、熱意あふれる若者のチャレンジを待っています。


牛谷 智一 准教授
牛谷 智一 准教授 比較認知科学(文)

アインシュタインが相対性理論を完成させたのは、26歳。みなさんに残された時間は、たった10年ということになります。最も光あふれる青春の時期を、世界最先端のサイエンスに捧げるのは、スポーツやファッションに捧げるのと同じぐらいカッコいいことです。

▲ PAGE TOP