トピックス
Topics

第7回サイエンス・インカレにおいて、ナノサイエンス学科2年の大原正裕さんが審査員特別賞を受賞しました

2018年3月8日

サイエンス・インカレは大学1〜4年次(短期大学1〜3年次を含む)、高等専門学校4~5年次又は高等専門学校及び短期大学の専攻科1~2年次の学生を対象とした研究発表会です。自然科学分野を学ぶ全国の大学学部生等が自主研究を発表し、切磋琢磨(せっさたくま)し合う場を提供することにより、学生の能力・研究意欲を高めるとともに、課題設定能力、課題探究能力、プレゼンテーション能力等を備えた創造性豊かな科学技術人材を育成することを目的として開かれています。

第7回サイエンス・インカレでは、立教大学 池袋キャンパスにおいて、書類審査を通過した169組(口頭発表46組、ポスター発表123組)が2日間(平成30年3月3日(土曜日)、3月4日(日曜日))に亘り研究発表しました。チームによる発表も認められていますが、大原さんは単著で「ZnO微細構造を用いたナノ真空管の研究開発」について口頭発表し、特定の観点に照らし、極めて優れた研究発表として審査員特別賞を授与されました。

「サイエンス・インカレ」Webサイト

▲ PAGE TOP