教職員紹介

氏名

石井 久夫 (イシイ ヒサオ)

Ishii Hisao

 
   
 
   
職名 教授
取得学位 理学博士
大学院専攻 融合科学研究科ナノサイエンス専攻
コース ナノ物性コース
学部学科 工学部ナノサイエンス学科
研究室 石井研究室
URL http://ishii-lab.in.coocan.jp/pukiwiki/
Eメール ishii130@ (@マーク以下に faculty.chiba-u.jp と入力してください。)
TEL 043-290-3524
FAX 043-290-3524
経歴 東京大学教養学部基礎科学科第一1986、東京大学大学院理学系研究科相関理化学専攻1988理学修士、東京大学 1991 理学博士
職歴 1991 名古屋大学理学部化学科助手 (1995−1997分子科学研究所流動部門助手,1997ルイジアナ州立大学博士研究員),2002東北大学電氣通信研究所助教授,2006現職
所属学会 応用物理学会,日本化学会,日本物理学会,高分子学会,日本表面科学会,Materials Research Society
専門分野 有機半導体,表面・界面科学,光電子分光
研究テーマ 有機半導体を利用したエレクトロニクスの基本原理を解明することを目標に研究を進めている。そのために、(1)変位電流評価法を用いた有機デバイス中のキャリアの振る舞いに関する研究と、(2)有機半導体の薄膜・界面の電子構造を光電子分光や光電子収量分光により調べる研究を進め、両者を組み合わせることで、有機半導体のデバイス物理の解明を進めている。
発表論文等 Y. Noguchi, N. Sato, Y. Tanaka, Y. Nakayama, and H. Ishii, “Threshold voltage shift and formation of charge traps induced by light irradiation during the fabrication of organic light-emitting diodes”. Appl. Phys. Lett.,92,203306(2008).
Y. Nakayama, S. Machida, D. Tsunami, Y. Kimura, M. Niwano, Y. Noguchi, and H. Ishii, “Photoemission measurement of extremely insulating materials:Capacitive photocurrent detection in photoelectron yield spectroscopy”, Appl. Phys. Lett., 92, 153306(2008).
S. Ogawa, Y. Kimura, M. Niwano, and H. Ishii、“Trap elimination and injection switching at organic field effect transistor”, Appl. Phys.Lett., 90, 033504(2007).
“Photoinduced doping effect of pentacene field effect transistor in oxygen atmosphere studied by displacement current measurement”,Satoshi Ogawa, Tatsuo Naijo, Yasuo Kimura, Hisao Ishii, and Michio Niwano, Appl. Phys. Lett. 86, 252104 (2005).
「有機分子エレクトロニクスのための金属・分子界面の電子構造」、石井久夫、固体物理, 40, 375-388 (2005).
“Kelvin Probe Study of Band Bending at Organic Semiconductor/metal Interfaces: Examination of Fermi Level Alignment”, H. Ishii, N. Hayashi, E. Ito, Y. Washizu, K. Sugi, Y. Kimura, M. Niwano, Y. Ouchi, and K. Seki, Phys. Stat. Sol. (a), 201, 1075 –1094 (2004).
“Carrier Injection Characteristics in Organic Field Effect Transistors Studied by Displacement Current Measurement”, S. Ogawa, Y. Kimura, H. Ishii and M. Niwano, Jpn. J. Appl. Phys. , Vol. 42, L1275 – L1278 (2003).
“Spontaneous Buildup of Giant Surface Potential by Vacuum Deposition of Alq3 and Its Removal by Visible Light Irradiation”, E. Ito, Y. Washizu, N. Hayashi, H. Ishii, N. Matsuie, K. Tsuboi, Y. Ouchi, Y. Harima, K. Yamashita, and K. Seki, J. Appl. Phys., 92, (12), 7306-7310 (2002).
“Energy Level Alignment and Interfacial Electronic Structures at Organic/Metal and Organic/organic Interfaces”, H. Ishii, K. Sugiyama, E. Ito, and K. Seki, Adv. Mat., 11, 605-625 (1999).
“Angle-resolved Ultraviolet Photoelectron Spectroscopy(ARUPS) of Well-Ordered Ultra-Thin Film of Tetratetracontane(n-C44H90) on Cu(100) with the Aid of Theoretical Simulation: Molecular Orientation and Intermolecular Energy-Band Dispersion”, D. Yoshimura, H. Ishii,
Y. Ouchi, E. Ito, T. Miyamae, S. Hasegawa, K. K. Okudaira, M. Ueno, and K. Seki, Phys. Rev. B, 60(12), 9046-9060(1999).
主な著書 “Physics of Organic Semiconductors”,(W. Brütting ed.), Chapter 3, “Kelvin Probe Study of Band Bending at Organic Semiconductor/Metal Interfaces: Examination of Fermi Level Alignment”, H. Ishii, N. Hayashi, E. Ito, Y. Washizu, K. Sugi, Y. Kimura, M. Niwano, O. Ouchi, and K. Seki, Wiely-VCH, pp69-94.(2005)
“Conjugated Polymer and Molecular Interfaces”, (W. Salaneck, K. Seki, A. Kahn, and J.J. Pireaux ed.,) , chapter 10, “Energy Level Alignment at Organic-Metal Interfaces”, H. Ishii and K. Seki, Marcel Dekker, pp293 – 349 (2002).
担当授業 ナノ物性化学I(物理化学)、量子分子科学、分子ナノ物理工学特論
研究業績 原著論文数:143編総引用回数:1670回(2006年6月15日現在)著書及び単行本所載論文:8編学会誌解説等:17編国際学会での口頭発表:25回(招待講演11回)国内学会などの招待講演:20回特許2件
学外での教育 ・社会活動 日本放射光学会編集員 1995年 - 1997年
応用物理学会、有機分子・バイオエレクトロニクス分科会幹事 1999年 - 2001年
日本表面科学会編集委員 2003年度 - 現在
応用物理学会講演会プログラム委員 2003年4月-現在
応用物理学会講演会企画運営委員 2004年4月 - 現在(応用物理学会の有機分子・バイオエレクトロニクス分科会の全中分類のプログラム編成に関する責任者として活動している。)
有機EL討論会の設立発起人、ならびに運営委員として活動中。