早期高等教育連絡協議会~第2回飛び入学サミット~を開催

平成28年3月22日

2015年11月27日、千葉大学において「早期高等教育連携協議会~第2回飛び入学サミット~」が開催されました。飛び入学実施大学(千葉大学、名城大学、会津大学、京都大学、東京藝術大学)のほか、講演者の北岡龍也文部科学省高等教育局大学振興課課長補佐及び岩永雅也放送大学教授を含め22名の参加がありました。

本協議会の開催は、飛び入学実施大学及び早期高等教育に関する研究者の交流、情報交換を諮り、今後の飛び入学制度の課題を抽出し、わが国に必要な創造的かつ国際的人材の育成に貢献することを目的として、本学が飛び入学実施大学等に呼びかけて5年ぶりに実現に至ったものです。

当日は、徳久剛史千葉大学長の挨拶に続き、加納博文千葉大学先進科学センター長が本協議会の開催趣旨を述べました。その後、北岡龍也文部科学省高等教育局大学振興課課長補佐より「高大接続システム改革について~早期高等教育連携協議会に期待すること~」と題して講演があり、続いて岩永雅也放送大学教授より「日本における飛び入学制度のあり方について」と題して講演がありました。

休憩を挿み、各大学から飛び入学の現状に関する報告があり、引き続いて早期高等教育の拡充に向けた活発な意見交換が行われました。非常に有意義な会であったため、今後も本協議会を継続して行く方向を確認し、閉会となりました。

徳久千葉大学長写真
開会挨拶を行う徳久千葉大学長

北岡大学振興課課長補佐写真
講演する北岡大学振興課課長補佐

早期高等教育連絡協議会~第2回飛び入学サミット~
議事要旨 [PDF] ※準備中